横手市職員採用試験 受験情報まとめ

横手市職員採用試験合格への道のり

横手市職員採用試験 受験情報

秋田県横手市では、令和4年度から5年間を対象として、横手駅周辺地区の都市再生整備計画を策定しています。秋田県南部の中心都市として機能しているものの、近年は幹線道路沿道への大型小売店舗の増加や総合病院の移転、国の機関の統廃合などで中心部の空洞化が進んでいるという課題を抱えています。

市街地再開発事業区域に図書館や地域交流センターなど、幅広い世代が集まる場を整備したり、横手市民会館を移転しリニューアルしたりすることで、中心に活気を取り戻す計画を立てています。

さらに、空き家の活用により街の活性化を図るとともに、融雪施設を整備することによって、冬場も安心して快適に街中を歩けるような工夫も考えられています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

横手市職員採用試験 募集要項

※行政職のみ掲載

募集人数※1 大学卒業程度 15名程度
短大・高校卒業程度 2名程度
職務経験者 3名
試験方法 大学卒業程度 第1次試験:小論文…60分、総合適性検査…35分、面接試験(行政Aのみ)、教養試験(行政Bのみ)…120分

第2次試験:事務適性検査、面接試験等

短大・高校卒業程度 第1次試験:教養試験…120分、小論文…60分、面接試験

第2次試験:事務適性検査、面接試験等

職務経験者 第1次試験:教養試験…30分、小論文…60分、面接試験

第2次試験:事務適性検査、面接試験等

日程※2 大学卒業程度 第1次試験:6月中旬(行政A)、6月下旬(行政B)

第2次試験:8月上旬

短大・高校卒業程度 第1次試験:9月中旬

第2次試験:11月上旬

職務経験者 第1次試験:6月下旬

第2次試験:8月上旬、11月上旬

試験の配点

※1,2:年度によって若干の改訂あり

🌸横手市職員採用試験 合格のヒント🌸

仕事と両立での公務員試験でした。書店で買った参考書で勉強していましたが、範囲が広すぎて困った時に第一志望の市役所の問題集を見つけ、過去問の傾向に合わせた勉強ができそうだと購入しました。仕事で毎日2時間の勉強でしたが、どこの参考書よりもわかりやすい解説でスムーズに勉強ができました。本試験では、この問題集と同じような出題が多くあり驚きでした。春から職員として頑張ります。(東京都 H・Kさん)

友人から公務員試験サクセスの問題集を勧められ購入。自治体別に過去の出題傾向をもとにした問題なので、しっかり勉強することで出題のパターンや解き方のポイントをつかめました。時間との戦いでしたが、過去問のように効率よく対策できたおかげで、地元市役所に合格することができました。この問題集を選んで正解だったと思います。(愛知県 Y・Sさん)