大磯町職員採用試験 受験情報まとめ

大磯町職員採用試験合格への道のり

大磯町職員採用試験 受験情報

大磯町が抱える課題は、少子・超高齢化が進むにつれて町税収入が減少し、社会保障費が増大したことによる財政状況の悪化です。それにともない、地域の活力が低下していることも問題となっており、課題解決が急務となっています。

そこで大磯町は、多世代によるまちづくりを主眼に置いた「地域再生事業」に取り組んでいます。具体的には、起業、移住、情報や人のマッチング、町民活動などに支援を行い、高齢者と若者世代の双方が住みやすいと感じる、魅力ある地域の創出を目指します。

また、限られた財源と人員の中で真に必要な行政サービスを提供するために、職員の意識改革にも取り組んでいます。社会経済情勢の変化にもすぐに対応できるように、これまでに行ってきた事務事業の多角的な見直しから業務量の削減や改善を図り、事務の効率化に努めています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

大磯町職員採用試験 募集要項

※一般行政事務職のみ掲載

募集人数※1 受験区分A 若干名
受験区分B 1名程度
試験方法 受験区分A

 

受験区分B

1次試験 筆記試験

 

・適性試験…約35分

・教養試験…約45分

作文試験…約60分

2次試験 個人面接
最終試験 個人面接
日程※2 受験区分A 1次試験 9月中旬
2次試験 10月中旬
最終試験 11月中旬
受験区分B 1次試験 8月中旬
2次試験 8月下旬
最終試験 9月上旬
試験の配点 第1回

 

第2回

1次試験
2次試験
最終試験

※1,2:年度によって若干の改訂あり

🌸大磯町職員採用試験 合格のヒント🌸

合格のご連絡ができ、嬉しいです。アルバイトをしながら直前の2か月間で仕上げる為、特に苦手な数的推理と判断推理を、町村別の合格セット問題集を使って何度も演習をしました。町村別の問題集で傾向を押さえ、公務員要点解説講座で1問5分の音声解説をスキマ時間で繰り返し聞く勉強は効率が良く、時間のない私にはピッタリの勉強法でした。苦手分野でも解説が分かりやすく理解できるのも良かったです。町村採用試験は範囲が広いうえに、過去問もないのですが、この問題集で過去の頻出問題を抑えることができました。(千葉県 H・Iさん)

大学を卒業し一般企業に就職しましたが、収入が安定している公務員に転職をしたく、地元の町役場採用に挑戦しました。勉強は言うまでもなく、特に面接や論文の対策が難しかったためネット検索していると、公務員サクセスで地元町役場の対策問題集と、願書、面接、論文の対策を見つけて購入しました。問題集を取り組みながら、理解に時間がかかる科目(自然科学など)、問題数が多くパターンがある分野(数学処理など)を把握できたので要点解説講座を追加購入して、てこ入れをしていきました。過去問が非公表で対策が難しい中、本試験では過去問を解いたかのように勉強した問題がいくつも出題され、選んで正解でした。無事、地元役場の内定をいただきました。(兵庫県 T・Kさん)

/* イメージマップ(クリッカブルマップ)用コード */