函館市職員採用試験 受験情報まとめ

函館市職員採用試験合格への道のり

函館市職員採用試験 受験情報

函館市は渡島半島の南東部に位置し、美しい自然、豊かな温泉、そして異国情緒あふれるまち並みや歴史的文化遺産などの観光資源に恵まれた都市で、平成16年12月に戸井町、恵山町、椴法華村、南茅部町と合併し、平成17年10月に中核市となりました。市の人口は、平成27年の国勢調査では40年間で20.5%減少しています。また人口に占める15~29歳の若年者比率は減少傾向にある一方で、65歳以上の高齢者比率は大きく上昇しています。さらに旧4町村地域では人口減少が著しく、より一層過疎化・少子高齢化が進行している状況にあります。人口減少・過疎化の要因としては出生数の減少等による自然減と、若年層の進学や就職時における東京や札幌などの大都市圏への転出等による社会減にあります。特に旧4町村地域では基幹産業である漁業を取り巻く環境が厳しさを増してきていることや、雇用の場に結びつく他の産業が乏しいことから若年層の流出に歯止めがかからない状況となっています。函館市が持つ地域資源を最大限に活用し、持続的な発展を目指すため「北海道過疎地域持続的発展方針」との整合性を図り、魅力あるまちづくりと地域の振興・発展のための諸施策を展開しています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

函館市職員採用試験 募集要項

※年度によって若干の改訂あり ※(後期日程)事務職のみ掲載

募集人数

一般事務(高校卒以上)2~3名程度 、一般事務(民間等経験)5名程度

試験方法

高卒以上

第1次;教養試験、性格検査、第2次:個別面接、第3次:個別面接

民間等経験

第1次:書類選考

第2次:適性試験、性格検査、プレゼンテーション、個別面接

第3次:個別面接

日程

高卒以上

第1次;9月中旬、第2次:10月下旬、第3次:11月中旬

民間等経験

第1次;8月中旬、第2次:10月下旬、第3次:11月中旬

試験の配点

函館市職員採用試験の問題集はこちら

🌸函館市職員採用試験 合格のヒント🌸

仕事と両立での公務員試験でした。書店で買った参考書で勉強していましたが、範囲が広すぎて困った時に第一志望の市役所の問題集を見つけ、過去問の傾向に合わせた勉強ができそうだと購入しました。仕事で毎日2時間の勉強でしたが、どこの参考書よりもわかりやすい解説でスムーズに勉強ができました。本試験では、この問題集と同じような出題が多くあり驚きでした。春から職員として頑張ります。(東京都 H・Kさん)

友人から公務員試験サクセスの問題集を勧められ購入。自治体別に過去の出題傾向をもとにした問題なので、しっかり勉強することで出題のパターンや解き方のポイントをつかめました。時間との戦いでしたが、過去問のように効率よく対策できたおかげで、地元市役所に合格することができました。この問題集を選んで正解だったと思います。(愛知県 Y・Sさん)

函館市職員採用試験の問題集はこちら