CATEGORY

国立大学法人採用試験情報

国立大学採用試験は高倍率!二次試験こそ正念場といえるワケと対策

厳密には公務員ではないものの、みなし公務員として教育・研究を支えるのが国立大学法人等職員になります。 国立大学法人採用試験とは、国立大学法人等の職員の採用試験です。全国各地の該当機関での就職を希望する人が対象で、受験資格は30歳までとされています。 一次試験では一般知能・一般知識が問われる教養試験、二次試験では面接がおこなわれます。一次試験の難易度は高くないと言われていますが、最終的な倍率の高さを […]

国立大学法人等の採用試験難易度は高い?合格して大学職員を目指す

学生にかかわる仕事に就きたくて、国立大学法人等の職員採用試験を検討している人も多いことでしょう。国立大学の学生を支援する仕事は、採用枠が少なく倍率はかなり高めです。採用試験の難易度も高いのか?公務員になれるのか?今回は疑問を解消しながら、採用までの流れや仕事内容についても解説します。

国立大学法人等の採用試験の内容は?受験要項・試験科目・日程

この記事では、国立大学法人等の職員採用試験の試験内容について解説します。また、受験資格や採用希望地区や第一次試験受験地区のルール、事務系と技術系の試験区分など、試験を受験するために必要な基本情報もまとめました。加えて、国立大学法人等の職員の仕事内容も紹介しています。

国立大学法人等は公務員と違う?仕事内容や採用試験の概要を解説

国立大学法人等の仕事には興味があっても、国立大学法人等の定義や詳しい仕事内容、採用試験の内容などについてはよく知らない方も多いでしょう。そこでここでは、国立大学法人等の定義や民間企業との違い、採用試験の内容や日程、主な仕事内容など、基本的な情報をまとめました。

国立大学法人等は受かりやすい?職員採用試験の倍率や試験内容

国立大学法人等の採用試験は、準公務員的なイメージや倍率の高さから、難易度が高く思われがちです。しかし、実は合格へのハードルは、想像するほど高くありません。ここでは、国立大学法人等職員の採用試験の倍率や実際の難易度、就職後の仕事内容をまとめました。国立大学法人の試験に対する不安解消に役立ててください。