鹿児島市職員採用試験 受験情報まとめ

鹿児島市職員採用試験合格への道のり

鹿児島市職員採用試験 受験情報

鹿児島市は九州の南端、鹿児島県本土のほぼ中央部に位置し、北は姶良市、西は日置市、南は指宿市などと接しています。市街地は甲突川等の河川により形成された小平野部にあり、その周辺は海抜100mから300mのシラス台地になっています。鹿児島市は島津氏の城下町として発展してきた歴史を有し、幕末から明治維新にかけ数多くの偉人を輩出するなど、個性あふれる歴史と文化は全国に広く知られています。また、沖縄を含む南西諸島や東アジアと近接しており、古くから交流のゲートウェイとしての機能を果たしてきた歴史を有しています。さらに活火山・桜島や錦江湾という世界的にも稀有な自然景観をはじめ、泉源豊富な温泉、温暖な気候、豊かな食材など多彩な資源に恵まれるとともに業務・商業機能などの都市機能が集積しています。少子高齢化が進行し、人口減少局面へ移行する中において、市の特性を最大限に生かしながら将来に向けて持続可能な発展を遂げていくために、「人・まち・みどり みんなで創る“豊かさ”実感都市・かごしま」を次の都市像を掲げ、南九州の中核都市にふさわしい多様な都市機能の集積と、桜島や錦江湾などの自然が共存する豊かさを実感できるまち創りを進めています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう

鹿児島市職員採用試験 募集要項

※年度によって若干の改訂あり ※事務職のみ掲載

募集人数

上級20名、中級・社会福祉士・心理士それぞれ若干名、初級若干名

試験方法

第1次試験:筆記試験(教養・専門)、第2次試験:WEB適性試験、面接試験

日程

第1回

第1次試験:7月中旬、第2次試験:8月下旬の間の指定する日

第2回

第1次試験:10月中旬、第2次試験:11月中旬

試験の配点

鹿児島市職員採用試験の問題集はこちら

🌸鹿児島市職員採用試験 合格のヒント🌸

仕事と両立での公務員試験でした。書店で買った参考書で勉強していましたが、範囲が広すぎて困った時に第一志望の市役所の問題集を見つけ、過去問の傾向に合わせた勉強ができそうだと購入しました。仕事で毎日2時間の勉強でしたが、どこの参考書よりもわかりやすい解説でスムーズに勉強ができました。本試験では、この問題集と同じような出題が多くあり驚きでした。春から職員として頑張ります。(東京都 H・Kさん)

友人から公務員試験サクセスの問題集を勧められ購入。自治体別に過去の出題傾向をもとにした問題なので、しっかり勉強することで出題のパターンや解き方のポイントをつかめました。時間との戦いでしたが、過去問のように効率よく対策できたおかげで、地元市役所に合格することができました。この問題集を選んで正解だったと思います。(愛知県 Y・Sさん)

鹿児島市職員採用試験の問題集はこちら