真庭市職員採用試験 受験情報まとめ

真庭市職員採用試験合格への道のり

真庭市職員採用試験 受験情報

真庭市は平成17年に当時の9町村が合併して誕生しました。

岡山県北部で中国山地のほぼ中央に位置しており、北は鳥取県に接し、総面積は岡山県の約11.6%を占める県下で最も大きな自治体です。市の北部に広がる蒜山高原では、飼育頭数日本一を誇るジャージー牛の乳製品が全国的に知られています。中南部を中心に農林業が盛んで、とりわけ良質なスギ・ヒノキを産出する林業は、古くからこの地域の雇用を支えてきました。現在でも多くの伐採事業者や木材加工会社、市場などが操業しており、真庭市の象徴である木質バイオマス産業の中心地になっています。

今後、真庭市と日本を取り巻く社会環境は大きく変わることが予想されますが、真庭市は生活の知恵が結晶した文化と複数の生き方ができる安心と心の結びつき、自分の生き方が時間をかけて実現できる多彩で豊かなまちであり、市で生活する価値や魅力を増やし、慈み育て、生活を豊かにし、交流や移住にもつなげ、そして将来に引き継いでいくことが25 年後の真庭市に住む「ひと」たちのために今やるべきこと、できることと考え、この「真庭ライフスタイル」こそが、真庭市に残すべき財産、価値と考えて、まちづくりに取り組んでいます。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

真庭市職員採用試験 募集要項

※年度によって若干の改訂あり ※事務職のみ掲載

募集人数

6名程度

試験方法

第1次試験:教養試験120分、事務能力検査40分、

第2次試験:作文・課題討議試験、性格特性検査、プレゼンテーション型(プレゼンテーション・面接試験・性格特性検査)、第3次試験:記述試験、面接試験

日程

第1次試験:9月中旬、第2次試験:10月中旬、第3次試験:11月中旬

試験の配点

真庭市職員採用試験の問題集はこちら

🌸真庭市職員採用試験 合格のヒント🌸

仕事と両立での公務員試験でした。書店で買った参考書で勉強していましたが、範囲が広すぎて困った時に第一志望の市役所の問題集を見つけ、過去問の傾向に合わせた勉強ができそうだと購入しました。仕事で毎日2時間の勉強でしたが、どこの参考書よりもわかりやすい解説でスムーズに勉強ができました。本試験では、この問題集と同じような出題が多くあり驚きでした。春から職員として頑張ります。(東京都 H・Kさん)

友人から公務員試験サクセスの問題集を勧められ購入。自治体別に過去の出題傾向をもとにした問題なので、しっかり勉強することで出題のパターンや解き方のポイントをつかめました。時間との戦いでしたが、過去問のように効率よく対策できたおかげで、地元市役所に合格することができました。この問題集を選んで正解だったと思います。(愛知県 Y・Sさん)

真庭市職員採用試験の問題集はこちら