大崎市職員採用試験 受験情報まとめ

大崎市職員採用試験合格への道のり

大崎市職員採用試験 受験情報

大崎市は宮城県の北西部に位置し、東西に約80キロメートル、奥羽山脈から江合川と鳴瀬川の豊かな流れによって作られた「大崎耕土」があります。「持続可能な水田農業を支える『大崎耕土』の伝統的水管理システム」は、世界農業遺産(GIAHS:ジアス)の審査を受け、世界農業遺産に認定されています。

大崎市の特産品は、大崎耕土で作られたササニシキやひとめぼれなどのお米をはじめ、畜産、野菜など食材の宝庫です。凍み豆腐は今も手作りされ、良質米から造られた地酒も多くの種類が販売されています。これらは、大崎耕土の農業システムを活かすべくはじまった6次産業化の成功例でもあります。現在も、加工品や農家レストランの運営を通じ、て付加価値の向上に努めています。

工芸品では、「竹細工」「鳴子こけし」「鳴子漆器」なども有名です。温泉も市内各地にありますが、なかでも「鳴子温泉郷」は有名です。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

大崎市職員採用試験 募集要項

※事務職のみ掲載

募集人数※1 上級行政 行政事務:7名程度
試験方法 上級行政 第1次試験:教養試験、専門試験

第2次試験:論文試験、適性検査、人物試験

日程※2 上級行政 第1次試験:7月上旬

第2次試験:1日目 8月上旬、2日目 8月下旬~9月上旬

試験の配点

※1,2:年度によって若干の改訂あり

🌸大崎市職員採用試験 合格のヒント🌸

仕事と両立での公務員試験でした。書店で買った参考書で勉強していましたが、範囲が広すぎて困った時に第一志望の市役所の問題集を見つけ、過去問の傾向に合わせた勉強ができそうだと購入しました。仕事で毎日2時間の勉強でしたが、どこの参考書よりもわかりやすい解説でスムーズに勉強ができました。本試験では、この問題集と同じような出題が多くあり驚きでした。春から職員として頑張ります。(東京都 H・Kさん)

友人から公務員試験サクセスの問題集を勧められ購入。自治体別に過去の出題傾向をもとにした問題なので、しっかり勉強することで出題のパターンや解き方のポイントをつかめました。時間との戦いでしたが、過去問のように効率よく対策できたおかげで、地元市役所に合格することができました。この問題集を選んで正解だったと思います。(愛知県 Y・Sさん)

/* イメージマップ(クリッカブルマップ)用コード */