相馬市職員採用試験 受験情報まとめ

相馬市職員採用試験合格への道のり

相馬市職員採用試験 受験情報

相馬市は昭和58年から相馬中核工業団地の整備が行われ、さまざまな企業の工場が誘致されています。相馬市も含まれる福島県浜通り一帯は原子力発電所や火力発電所が林立し、電源基地としての側面も持っています。

2011年3月11日に発生した東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所事故が発生し、大量の放射性物質が放出されました。また震災により、病院や診察所などの倒壊、医療従事者の市外への流出、原子力発電所事故に夜浜通りの南北分断などが発生し、医療提供体制と救急医療体制が震災前の基準まで戻らない課題が発生しています。

医療に関する課題解決のために、医療機関の役割分担と役割に応じた機能の強化や救急医療提供体制の再構築、休日夜間急患センターの受入体制を整えるための応援医師派遣支援などの取り組みを行っています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

相馬市職員採用試験 募集要項

※一般行政職・大学卒業程度(臨時)のみ掲載

募集人数※1 若干名
試験方法 1次試験 教養試験(多肢選択式)

 

・時事、社会・人文に関する一般知識及び文章理解、判断・数的推理、資料解釈に関する能力に関する筆記試験

専門試験(多肢選択式)

・憲法、行政法、民法、経済学、財政学、社会政策、政治学、行政学及び国際関係

適性検査

・職務遂行に必要な適正についての検査

2次試験 論文試験

 

・職員として必要な表現力等についての論文試験

口述試験

①人物についての個別面接による試験

口述試験

②人物についての個別面接による試験

日程※2 1次試験 12月上旬
2次試験 1月中旬
試験の配点 1次試験
2次試験

※1,2:年度によって若干の改訂あり

相馬市職員採用試験問題集はこちら

🌸相馬市職員採用試験 合格のヒント🌸

仕事と両立での公務員試験でした。書店で買った参考書で勉強していましたが、範囲が広すぎて困った時に第一志望の市役所の問題集を見つけ、過去問の傾向に合わせた勉強ができそうだと購入しました。仕事で毎日2時間の勉強でしたが、どこの参考書よりもわかりやすい解説でスムーズに勉強ができました。本試験では、この問題集と同じような出題が多くあり驚きでした。春から職員として頑張ります。(東京都 H・Kさん)

友人から公務員試験サクセスの問題集を勧められ購入。自治体別に過去の出題傾向をもとにした問題なので、しっかり勉強することで出題のパターンや解き方のポイントをつかめました。時間との戦いでしたが、過去問のように効率よく対策できたおかげで、地元市役所に合格することができました。この問題集を選んで正解だったと思います。(愛知県 Y・Sさん)

相馬市職員採用試験問題集はこちら