船橋市消防吏員採用試験 受験情報まとめ

船橋市消防吏員採用試験合格への道のり

船橋市消防吏員採用試験 受験情報

船橋市消防局は、千葉県船橋市全域を管轄しており、管轄面積は、85.62平方キロメートル、消防職員数は640名です。重点的に取り組んでいる事業として、救急隊の増隊や4市(習志野市、八千代市、鎌ケ谷市、船橋市)合同消防活動技術会の開催などがあります。船橋市傷病局は、主に5つの課に分かれています。それぞれ、総務課、財務課、予防課、警防指令課、救急課に分かれており、加えて、3消防署、8分署、2出張所、1救急ステーション、1消防訓練センターが設置されています。船橋市消防吏員採用試験に合格したあとは、消防の基礎を学ぶために、千葉県消防学校で初任教育を受けることになります。千葉県消防学校では、国の基準(消防学校の教育訓練の基準(平成15年消防庁告示第3号)に基づいた800時間(6カ月間)の教育訓練を年に2回実施しています。初任教育の到達目標として、「職務意欲が旺盛で、コンプライアンスを理解すること」「消防吏員として、安全管理について理解し、自らの安全を確保するとともに、災害現場では隊長の下命に基づく基本的な活動ができること)「消防業務全般についての概要を理解すること」「住民から信頼を得られる人間形成を構築すること」を掲げています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

船橋市消防吏員採用試験 募集要項

募集人数(高校卒程度)

40名程度(救急救命士含む)

第1次試験

試験方法

教養試験 適性検査 

日程

9月中旬

第2次試験

試験方法

口述試験 体力検査 健康検査

日程

10月下旬~11月上旬

試験の配点

第1次試験

第2次試験

※年度によって若干の改訂あり

🌸船橋市消防吏員採用試験採用 合格のヒント🌸

消防は過去問がなく対策が難しくて不安でしたが、自治体別の合格セットに救われました。判断、数的は大の苦手だったけど、要点解説講座の90個の解法を使うと面白いくらい解けていきました。地元消防に合わせた問題集で過去にどんな出題があったかが分かり、自信を持って本試験に臨み合格できました。(埼玉県 M・Tさん)

消防士を目指し公務員サクセスを使い合格しました。仕事もあったので、早朝に自治体別問題集を取り組み、移動時間に要点解説講座の音声を聞き流しました。頻出問題の解法テクニックが全て音声で学べるのは画期的で、短時間でも解く力がつけられたと思います。まるで過去問を解いているように傾向を押さえられました。おかげで合格できました。効率よくやりたい方にお勧めします。(大阪府 S・Oさん)

/* イメージマップ(クリッカブルマップ)用コード */