北広島市消防採用試験 受験情報まとめ

北広島市消防採用合格への道のり

北広島市消防採用試験 受験情報

北広島市消防本部では、全国的に住宅火災の死者に高齢者が多いことを受け「住宅火災『いのちを守る10のポイント』」を周知しています。また、80歳以上の単身高齢者には、防火訪問を行っています。

過去の震災で市民による救助者が多かったことを好例とし、地域の自主防災組織設立にも取り組んでいます。規約や計画の例示、災害救助用工具の貸出などが支援の手段です。防災教室に出向き、地域の防災意識と災害への対応力の向上も図っています。

公式ホームページでは用語解説や防災関連のリンク集を置き、市民の利便性向上に努めています。消火器の使い方や注意点についても伝えています。キッズコーナーは子どもや保護者が消防へ関心を持つきっかけとなるものです。また、疑問・質問に答えるページを設けて、より理解を深めやすいよう工夫しています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

北広島市消防採用試験 募集要項

※消防職のみ掲載

募集人数※1 若干名
試験方法 1次試験 動画選考(事前提出)

SPI3(基礎能力検査・性格検査)

個別面接

体力試験

2次試験 個別面接(対面または WEB 面接)

作文

日程※2 1次試験 動画提出:5月下旬

面接・体力試験:7月下旬

2次試験 個別面接:8月下旬

作文:7月下旬に事前提出

試験の配点 1次試験
2次試験

※1,2:年度によって若干の改訂あり

🌸北広島市消防採用試験 合格のヒント🌸

消防は過去問がなく対策が難しくて不安でしたが、自治体別の合格セットに救われました。判断、数的は大の苦手だったけど、要点解説講座の90個の解法を使うと面白いくらい解けていきました。地元消防に合わせた問題集で過去にどんな出題があったかが分かり、自信を持って本試験に臨み合格できました。(埼玉県 M・Tさん)

消防士を目指し公務員サクセスを使い合格しました。仕事もあったので、早朝に自治体別問題集を取り組み、移動時間に要点解説講座の音声を聞き流しました。頻出問題の解法テクニックが全て音声で学べるのは画期的で、短時間でも解く力がつけられたと思います。まるで過去問を解いているように傾向を押さえられました。おかげで合格できました。効率よくやりたい方にお勧めします。(大阪府 S・Oさん)