長崎市消防職採用試験 受験情報まとめ

長崎市消防職採用合格への道のり

長崎市消防職採用試験 受験情報

長崎市消防本部では、管轄内に中央消防署、北消防署、南消防署の3拠点を配置しています。本部では、総務課、予防課、警防課、指令課に分かれて業務を担っています。

中央消防署の8階に、防災体験や防災に関する知識の学習ができる「防災ひろば」を設けています。煙や防風などの被害が体験できるほか、初期消火や救命措置、119番通報など火災や通報時に必要な対応が学べます。一般市民の防災知識や行動の啓蒙のほか、企業の防災研修や学習の場にも活用されています。

令和4年より将来の防火防災の担い手を育成する目的で「消防わくわく探検隊」を開始しました。長崎市少年消防クラブの子どもが、地域の人々や消防団とともに消防署や避難所の訪問、災害用避難職の実食などの体験などを通じ、防火や防災の知識を身に付ける取り組みが行われています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

長崎市消防職採用試験 募集要項

※消防(大学)(高校)のみ掲載

募集人数※1 消防(大学) 20名程度
消防(高校)
試験方法 消防(大学) 第1次試験:教養試験またはSPI試験を選択、適性検査

第2次試験:人物試験、身体検査、体力測定

第3次試験:人物試験

消防(高校) 第1次試験:教養試験、適性検査

第2次試験:人物試験、身体検査、体力測定

第3次試験:人物試験

日程※2 第1次試験:9月中旬(SPI試験は9月上旬~下旬のうち1日)

第2次試験:10月中旬~下旬

第3次試験:11月上旬

試験の配点

※1,2:年度によって若干の改訂あり

🌸長崎市消防職採用試験 合格のヒント🌸

消防は過去問がなく対策が難しくて不安でしたが、自治体別の合格セットに救われました。判断、数的は大の苦手だったけど、要点解説講座の90個の解法を使うと面白いくらい解けていきました。地元消防に合わせた問題集で過去にどんな出題があったかが分かり、自信を持って本試験に臨み合格できました。(埼玉県 M・Tさん)

消防士を目指し公務員サクセスを使い合格しました。仕事もあったので、早朝に自治体別問題集を取り組み、移動時間に要点解説講座の音声を聞き流しました。頻出問題の解法テクニックが全て音声で学べるのは画期的で、短時間でも解く力がつけられたと思います。まるで過去問を解いているように傾向を押さえられました。おかげで合格できました。効率よくやりたい方にお勧めします。(大阪府 S・Oさん)

/* イメージマップ(クリッカブルマップ)用コード */