山口県警察官採用試験 受験情報まとめ

山口県警察官採用試験合格への道のり

山口県警察官採用試験 受験情報

山口県警は「県民の期待と信頼に応える力強い警察~安全・安心な社会の実現~」を基本姿勢としています。

今年度は、「犯罪から県民を守る対策の推進」「サイバー空間の脅威に対する総合対策の推進」「重要犯罪等の徹底検挙」「暴力団等組織犯罪対策の推進」「交通死亡事故抑止総合対策の推進」「大規模災害・テロ等緊急事態対策の推進」に重点を置き活動しています。

令和3年4月1日現在の山口県警察官の人数は約3,000人です。

山口県警察の本部組織は主に6つの部署に分かれています。

それぞれ警務部・生活安全部・地域部・刑事部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、警察学校と県内16警察署が存在しています。

警察官採用試験に合格したあとは、全寮制の警察学校に入校します。

厳しい規律と規則正しい生活の中、同期と支え合いながら寮生活を送り、警察官として必要な知識や技術、心構えを学びます。

教養は、職務倫理、対話報告要領等の一般教養のほか、憲法・刑法・刑事訴訟法などの法学、刑務・生活安全・地域・刑事・交通・警備といった実務分野、逮捕術・柔道・剣道・拳銃操法といった術科訓練など、多岐にわたります。

仕事と家庭の両立支援制度、福利厚生にも力を入れており、「仕事とプライベートのどっちも全力」を目指しています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

山口県警察官採用試験 募集要項

※年度によって若干の改訂あり

第1回採用試験

募集人数(警察官A)

男性(山口県30名程度、警視庁+大阪府6名程度)

女性5名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(大学卒業程度) 論文試験

日程

5月上旬

第2次試験

試験方法

論文試験 適性検査

日程

6月上旬

試験方法

体力検査

日程

6月上旬

試験方法

口述試験

日程

6月上旬~7月上旬

試験の配点

第1次試験

教養試験50点 資格加点15点

第2次試験

論文試験40点 体力試験30点 口述試験140点

※年度によって若干の改訂あり

 第2回採用試験

募集人数(警察官A)

男性3名程度 女性2名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(大学卒業程度) 論文試験

日程

9月中旬

第2次試験

試験方法

論文試験 適性検査

日程

10月下旬

試験方法

体力検査

日程

10月下旬

試験方法

口述試験

日程

10月下旬~11月下旬

試験の配点

第1次試験

教養試験50点 資格加点15点

第2次試験

論文試験40点 体力試験30点 口述試験140点

募集人数(警察官B)

男性(山口県20名程度、警視庁+大阪府4名程度

女性6名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(大学卒業程度) 論文試験

日程

9月中旬

第2次試験

試験方法

論文試験 適性検査

日程

10月下旬

試験方法

体力検査

日程

10月下旬

試験方法

口述試験

日程

10月下旬~11月下旬

試験の配点

第1次試験

教養試験50点 資格加点15点

第2次試験

論文試験40点 体力試験30点 口述試験140点

🌸山口県警察官採用試験 合格のヒント🌸

情報収集しても過去問が見つからず困っていた時、友達から、過去問がなくても的確な対策ができたと御社の問題集をすすめられました。公務員要点解説講座を繰り返し勉強するほど、自治体別の模試で点数が上がって自信がつき、結果、警察官になることができました。効果の大きさを実感しています。(神奈川県 J・Iさん)

警察官採用試験の出題範囲の広さに圧倒されていました。でも、公務員サクセスの要点解説講座では頻出問題が、予想問題集では自治体別に傾向がおさえてあるので、ポイントが分かり勉強が加速しました。解説も分かりやすく、過去問題集に近い形で勉強できたおかげで、試験本番でも解ける問題ばかりで、無事合格通知を手にしました。(広島県 K・Aさん)