幸田町職員採用試験 受験情報まとめ

幸田町職員採用試験合格への道のり

幸田町職員採用試験 受験情報

幸田町は、将来の展望が開ける輝かしいまちづくりを展開しています。町が掲げているテーマは「備えて守る、拓く、つながるまちづくり」です。

なかでも「備える」を重要なポイントとしていて、災害や少子化、高齢化、人口減少、ニューノーマル(新しい生き方、新しい働き方)、生活安定など6つの備えに取り組んでいます。

町の将来像に「人と自然を大切にする緑住文化都市」を掲げています。施策のひとつとして町内にある幸田駅や三ヶ根駅、相見駅周辺の商業機能の強化を図った都市開発が進められています。

また、幸田町は三河湾国定公園など山々に囲まれ豊かな自然環境が特徴です。この緑の景観を維持しつつ都市機能を持ち合わせた、快適に住める街づくりが進行しています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

幸田町職員採用試験 募集要項

※一般事務職、一般事務職(就職氷河期世代対象)のみ掲載

募集人数※1 一般事務職 8名程度
一般事務職(就職氷河期世代対象) 2名程度
試験方法 一般事務職 第1次試験:人事担当者面接、一般教養試験、職場適応性検査

第2次試験:面接

一般事務職(就職氷河期世代対象) 第1次試験:人事担当者面接、論文試験、職場適応性検査

第2次試験:面接

日程※2 一般事務職 第1次試験:9月中旬

第2次試験:10月下旬

一般事務職(就職氷河期世代対象) 第1次試験:9月中旬

第2次試験:10月下旬

試験の配点 一般事務職 第1次試験:-

第2次試験:-

一般事務職(就職氷河期世代対象) 第1次試験:-

第2次試験:-

※1,2:年度によって若干の改訂あり

🌸幸田町職員採用試験 合格のヒント🌸

合格のご連絡ができ、嬉しいです。アルバイトをしながら直前の2か月間で仕上げる為、特に苦手な数的推理と判断推理を、町村別の合格セット問題集を使って何度も演習をしました。町村別の問題集で傾向を押さえ、公務員要点解説講座で1問5分の音声解説をスキマ時間で繰り返し聞く勉強は効率が良く、時間のない私にはピッタリの勉強法でした。苦手分野でも解説が分かりやすく理解できるのも良かったです。町村採用試験は範囲が広いうえに、過去問もないのですが、この問題集で過去の頻出問題を抑えることができました。(千葉県 H・Iさん)

大学を卒業し一般企業に就職しましたが、収入が安定している公務員に転職をしたく、地元の町役場採用に挑戦しました。勉強は言うまでもなく、特に面接や論文の対策が難しかったためネット検索していると、公務員サクセスで地元町役場の対策問題集と、願書、面接、論文の対策を見つけて購入しました。問題集を取り組みながら、理解に時間がかかる科目(自然科学など)、問題数が多くパターンがある分野(数学処理など)を把握できたので要点解説講座を追加購入して、てこ入れをしていきました。過去問が非公表で対策が難しい中、本試験では過去問を解いたかのように勉強した問題がいくつも出題され、選んで正解でした。無事、地元役場の内定をいただきました。(兵庫県 T・Kさん)

/* イメージマップ(クリッカブルマップ)用コード */