佐用町職員採用試験 受験情報まとめ

佐用町職員採用試験合格への道のり

佐用町職員採用試験 受験情報

佐用町は、町の課題でもある少子高齢化による人口減少に歯止めをかけるために、持続可能なまちづくりを継続的に進めています。地域の若者が暮らしやすい環境や、町外からの移住者を促進するために、定住につながるような雇用の場の創出や、地域産業を活用した地域経済の循環など、人々が豊かに暮らせるようなしくみ作りに力を入れているのが特徴です。

その一環として、子育て支援にも力を入れており、子育て家庭のショートステイ事業やファミリーサポートセンター事業など、保育が一時的に困難な場合など育児の援助を受けられる体制を整えています。

また、安心・安全に暮らせるまちづくりとして、防犯カメラの設置や自主防災訓練の実施、社会福祉協議会との連携による地域づくりのための出前授業の実施など、防災・防犯対策やコミュニティの強化を推進しています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

佐用町職員採用試験 募集要項

※事務職のみ掲載

募集人数※1 第1回 8名
第2回 若干名
試験方法い 第1回 1次試験 教養試験、作文
2次試験 面接(集団または個人)
第2回 1次試験 教養試験、面接(集団または個人)
2次試験 個人面接
日程※2 第1回 1次試験 9月中旬
2次試験 10月中旬
第2回 1次試験 1月下旬
2次試験 2月上旬
試験の配点 第1回

第2回

1次試験
2次試験

※1,2:年度によって若干の改訂あり

🌸佐用町職員採用試験 合格のヒント🌸

合格のご連絡ができ、嬉しいです。アルバイトをしながら直前の2か月間で仕上げる為、特に苦手な数的推理と判断推理を、町村別の合格セット問題集を使って何度も演習をしました。町村別の問題集で傾向を押さえ、公務員要点解説講座で1問5分の音声解説をスキマ時間で繰り返し聞く勉強は効率が良く、時間のない私にはピッタリの勉強法でした。苦手分野でも解説が分かりやすく理解できるのも良かったです。町村採用試験は範囲が広いうえに、過去問もないのですが、この問題集で過去の頻出問題を抑えることができました。(千葉県 H・Iさん)

大学を卒業し一般企業に就職しましたが、収入が安定している公務員に転職をしたく、地元の町役場採用に挑戦しました。勉強は言うまでもなく、特に面接や論文の対策が難しかったためネット検索していると、公務員サクセスで地元町役場の対策問題集と、願書、面接、論文の対策を見つけて購入しました。問題集を取り組みながら、理解に時間がかかる科目(自然科学など)、問題数が多くパターンがある分野(数学処理など)を把握できたので要点解説講座を追加購入して、てこ入れをしていきました。過去問が非公表で対策が難しい中、本試験では過去問を解いたかのように勉強した問題がいくつも出題され、選んで正解でした。無事、地元役場の内定をいただきました。(兵庫県 T・Kさん)

/* イメージマップ(クリッカブルマップ)用コード */