鳥取県教員採用試験 受験情報まとめ

鳥取県教員採用試験合格への道のり

鳥取県教員採用試験 受験情報

鳥取県教育委員会では「学校業務カイゼンプラン」を策定し、時間外業務が月45時間、年間360時間を超える長時間勤務者の解消を目標としています。

教職員の時間外業務時間をシステムで計測し、長時間勤務者に対しては産業医または健康管理担当医による面接指導を実施します。また、「帰らーDay」という定時退勤日や、会議・研修、部活動のない一斉退勤日を設定することで、目標の達成に勤めています。

鳥取県が求める教師像は5つ設定されており、「児童生徒に対する深い理解と教育的愛情のある教師」や「教科等に関する専門的な知識・技能と実践的な指導力を持つ教師」、「課題解決に向けた柔軟な発想と対応能力を持つ教師」などを挙げています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接・集団討論対策や、模擬授業対策にも有効ですので、ぜひ参加しましょう。

鳥取県教員採用試験 募集要項

※一般選考のみ掲載

募集人数※1 小学校教諭 150名
中学校教諭 65名
高校教諭 45名
特別支援学校教諭 25名
養護教諭 8名
試験方法 小学校教諭 1次試験 一般教養(マークシート方式)、専門試験(国語・社会・数学・理科・英語の各教科および教職教養に関する筆記試験)
2次試験 適性検査(Web方式)、技能・実技試験(ICT活用)、集団面接、個人面接
中学校教諭 1次試験 一般教養(マークシート方式)、専門試験(教科及び教職教養に関する筆記試験)
2次試験 適性検査(Web方式)、技能・実技試験(ICT活用)、専門試験(技能・実技試験、一部の試験区分・教科のみ)、集団面接、

 

個人面接

高校教諭 1次試験 一般教養(マークシート方式)、専門試験(教科及び教職教養に関する筆記試験
2次試験 適性検査(Web方式)、技能・実技試験(ICT活用)、専門試験(技能・実技試験、一部の試験区分・教科のみ)、集団面接、個人面接
特別支援学校教諭 1次試験 一般教養(マークシート方式)、専門試験(特別支援教育・国語・社会・数学・理科・英語の各教科および教職教養に関するマークシート方式試験。一部小学校教諭との共通問題を含む)
2次試験 適性検査(Web方式)、技能・実技試験(ICT活用)、集団面接、個人面接
養護教諭 1次試験 一般教養(マークシート方式)、専門試験(養護教諭および教職教養に関するマークシート方式試験)
2次試験 適性検査(Web方式)、技能・実技試験(ICT活用)、集団面接、個人面接
日程※2 全区分 1次試験 6月中旬
2次試験 8月上旬〜中旬
試験の配点 小学校教諭 1次試験 専門試験

 

・標準型:傾斜配点なし

・数理型:数学・理科の得点を1.5倍、社会・英語の得点を0.5倍する

2次試験
中学校教諭 1次試験
2次試験
高校教諭 1次試験
2次試験
特別支援学校教諭 1次試験
2次試験
養護教諭 1次試験
2次試験

※1,2:年度によって若干の改訂あり

🌸鳥取県教員採用試験 合格のヒント🌸

過去問だけでなく模試も解いた方が良いと合格した友人から聞いて、御社の自治体別教員問題集を購入しました。仕事をしながらの私には有難い内容で、時間が無い中でも志望自治体の出題傾向が分かり重宝しました。そこからもう一度過去問を解くと、より点数がアップして自信がつきました。おかげで面接・集団討論も堂々臨むことができ、無事採用されました!本当にありがとうございました!(石川県 U・Fさん)

無理して予備校に行かず、独学して正解でした。最小費用で最大限の教員試験対策ができるという自治体別・合格フルセットに取り組むと、過去問さながら、本試験で問題集と同じような出題が見られ、集団討論もテキストで対策したテーマだったので、リラックスして議論できました。 面接・場面指導も音声講義が充実していて、本試験ギリギリまで車の中で1問1答しながら対策して、合格を勝ち取れました!(北海道 R・Tさん)

/* イメージマップ(クリッカブルマップ)用コード */