警察官は実は職種が豊富!最新動向や女性警察官の仕事も解説

あなたはいくつ知ってる?身近な警察官の仕事内容

警察官は子どもの頃から憧れている人も多く、困っている人を助けるやりがいのある仕事として人気の職業です。あなたもきっとその1人として、このブログに辿り着いたことでしょう。しかし、警察官と一口に言ってもその職種は様々。

「事件を起こした犯人を逮捕する」「地域をパトロールする」皆さんはどのような想像をされていますか?

警察官を目指しているのであれば、避けて通れないのが「面接試験」。この時に、警察官の仕事内容を知っていないと、説得力に欠ける回答を並べてしまいかねません。

そこで今回は、所属組織ごとの違いを解説し、とくに身近な都道府県警察の最新の仕事内容や女性警察官の仕事内容について解説します。最後まで読んで、まずは警察官博士になりましょう。

所属組織によって異なる警察官の仕事内容

パトカーに手を当てる警官

警察官と一口にいっても、所属する組織によって仕事内容などが大きく異なります。ここでは所属組織ごとに、警察官の仕事内容の違いについて見ていきましょう。

 

所属組織の種類

 

都道府県の警察機構

国の警察機構

警察庁

皇宮警察本部

組織の概要

警察本部(東京都の場合には警視庁)や、警察署が設置されています。


警察署の下部には、交番・派出所や駐在所があります。

広域組織犯罪に対処するための警察の態勢、犯罪統計、犯罪鑑識など警察庁の所掌事務について、都道府県警察を指揮監督する組織です。

警察庁の附属機関です。

 

天皇皇后両陛下や皇族各殿下の護衛を担当します。皇居、御所、御用邸や正倉院などの警備を行う組織です。

 

警察官ではなく皇宮護衛官と呼ばれます。

所轄の庁

都道府県知事

内閣総理大臣

所轄

都道府県警察公委員会

国家公安委員会

公務員の種類

地方公務員

国家公務員

採用試験

警察官採用試験

国家公務員採用試験

皇宮護衛官採用試験

初任教育を受ける場所

警察学校

警察大学校

皇宮警察学校

仕事内容

地域警察、生活安全警察、刑事部、交通部、警備警察、総務・警務警察など

長官官房・刑事局・交通局・サイバー警察局などの内部部局を持ち、全国の警察組織のありかたの企画・運営、警察組織の間の調整や各国警察との協力を担っています。

 

施策の企画・立案業務に携わるほか、一般職採用警察官は、都道府県警察での勤務機会にも恵まれます。

護衛部門、警備部門、警務部門など

豊富な職種が魅力!身近な都道府県警察の仕事内容

パトロールする警察官

警察官の仕事内容を理解するためには、身近な都道府県警察における職種が参考になります。配属先によって、警察官に求められる役割は大きく異なる点がポイントです。

ところで令和4年警察白書(国家公安委員会、警察庁)によると、先端技術などの悪用により深刻化するサイバー脅威が大きな懸念事項として取り上げられています。

実際に警察法などの改正が行われ、令和4年4月には警察庁にサイバー警察局が新設されました。こういった警察庁の動向は、都道府県警察で働く警察官の仕事内容にも影響します。

警察官の仕事内容の最新動向を把握したい方は、警察白書も参考にすると良いでしょう。

上記を踏まえて、ここでは警視庁の公式サイトで公開されている職種についてご紹介します。他の自治体において警察官の仕事内容についてチェックする際に、こちらの情報を参考にしてみてください。

職種/配属先 仕事内容
地域警察 交番勤務やパトカー乗務によるパトロールや巡回連絡が主な活動です。防犯活動、職務質問、事件・事故発生時の初動警察活動のほか、地理案内や遺失届・拾得物の受理、相談対応も含みます。
交通警察 スピード違反や飲酒運転などの交通違反の指導取締りや交通事故・事件の捜査のほか、交通安全教育や交通管制も仕事内容です。
警備警察   国内外の要人の警衛警護や機動隊による治安警備、イベント時の雑踏警備、被災者の避難誘導や救助活動などを行います。
刑事警察 強行犯捜査、知能犯捜査、盗犯捜査のほか、各種証拠を収集する鑑識などを行い、犯人を検挙することで事件解決を目指します。
組織犯罪対策 暴力団などの犯罪組織、銃器・薬物の密輸・密売を行う犯罪組織の実態解明に努め、犯罪組織の壊滅を目指します。
生活安全警察   身近に発生する犯罪の検挙や未然防止に取り組みます。特殊詐欺や侵入窃盗、痴漢などへの防犯対策、困りごとなどの生活安全相談、少年の非行防止や健全育成などが主な仕事内容です。
人身安全関連事案総合対策 次のような事案の被害者の安全確保を最優先に、被疑者に対する捜査を行います。 ・ストーカー事案 ・配偶者による暴力事案 ・児童、高齢者、障害者虐待事案 ・殺人、誘拐などの犯罪に発展する可能性のある行方不明事案 ・性犯罪などに発展するおそれのある事案の捜査
犯罪抑止対策 次のような特殊詐欺などの発生抑止を目指します。 ・オレオレ詐欺 ・架空(料金)請求詐欺 ・還付金詐欺
公安警察 次のような破壊活動や国益侵害にあたる行為を取り締まります。 ・国際テロ組織、過激派、右翼などによるテロやゲリラへの対応 ・拉致容疑事案などに対する捜査 ・対日有害活動の取締り ・サイバー攻撃に係る捜査や対策 ・NBC(核、生物、化学物質)のテロへの対応
サイバーセキュリティ対策 サイバー脅威を新たな脅威と見なし、次のような対策を行います。 ・サイバー脅威への知識や対応するための技能向上を目指した人材育成 ・各自治体や民間事業者との連携強化 ・住民や企業を啓蒙する各種セミナーやイベントの開催 ・SNSを利用した注意喚起を行う情報発信
総務 主な総務部業務は次のとおりです。 ・予算の執行など会計全般の業務 ・物品や施設の維持管理 ・警察活動を支援する最新の技術を取り入れた装備資器材の開発と管理 ・警察活動を住民に伝える広報活動   また犯罪被害者支援室を設置し、事件・事故の被害者やその家族へ次のような支援を行っています。 ・精神的なサポート ・刑事手続きの流れを説明
警務 警務部教養課では、「気力・体力・技術」を備えた警察官を育成するための術科訓練を行うほか、職務執行に役立つ語学や実務に関する各種教養を行っています。   職員の人事や採用に関する業務のほか、職員の給与・福利厚生事務も警務部の仕事内容です。

当ブログでは、志望自治体に特化した「合格レベル問題集」を取り扱っています。「市役所」「県庁・政令指定都市」「警察」「消防」「町村役場」「国立大学法人」と、区分ごとに分けられており、あなたの目指す自治体の出題傾向を把握できます。「他の問題集や参考書に目移りせずに集中して取り組める」「学校の課題とも両立できた」と、92.8%のお客様から、満足のお声を頂いております。最小の投資で効果を最大化できる問題集となっていますので、ぜひ対策に活用してください。


女性でも警察官になれる!どんな仕事につけるの?

スマホとノートとパソコン

ジェンダーレスの時代を迎えているとはいえ、警察官の仕事にはどうしても男性のイメージがつきものです。実際に警察官の任務遂行にあたっては、困難な現場でも物怖じしない勇気や体力が必要とされます。

心身ともにタフであることが大前提であると同時に、すぐれた自己管理能力も必要です。任務遂行において男女の差はないことから、本人の希望や努力次第でキャリアアップできる点が大きな魅力といえるでしょう。

ここでは福利厚生や訓練、すでに働いている女性警察官の仕事内容をご紹介します。

訓練で体力の向上や適性にあった技術・技能を習得

初任教育の場である警察学校では女子寮も用意されており、女性警察官も男性警察官と同じ訓練を受けます。体力は重視されますが、それは運動が得意でないと警察官になれないという意味ではありません。

頑張り次第で体力はついてきますし、教官の指導のもと、自身の適性にあった技術や技能の習得が可能です。訓練中は、男性警察官よりも体力面で劣ることを痛感することもあるでしょう。しかし多くの同期と励まし合いながら懸命に取り組めば、体力も自信もつきます。

女性警察官になるメリットは、仕事と育児を両立するための支援制度が整っている点です。産前産後の休暇や育児休業、子どもの看護休暇、復帰前後の研修などを活用できるので、自立したい女性にぴったりの職業といえます。

勤務実績や試験をベースに昇任が決定されることから、女性警察官にも上級幹部への道が開かれている点がポイントです。

なお配属先によっては女子寮のない警察署もあります。しかし世帯用官舎に入居するなどの配慮があるので、女性警察官が男性寮に入寮する可能性はありません。

女性警察官の主な仕事内容

実際に、現場では必要とされる女性警察官の数は増加傾向にあります。交番勤務をはじめ、留置管理、事件捜査や鑑識活動、白バイや交通安全教育など幅広い業務が用意されている点が魅力です。

とくに女性や子どもが被害者となる次のような事案では、女性警察官の登用が積極的に行われており、捜査や被害者支援で大きな成果を挙げています。

  • 性犯罪
  • DV・ストーカー犯罪
  • 児童虐待
  • 少年非行など

「都道府県女性警察官募集パンフレット」が毎年発行されており、都道府県警察の公式サイトで確認できます。配属された部署で頑張る女性たちの姿や仕事内容を、チェックしてみましょう。

ここでは令和4年度版に紹介されている、女性警察官の主な活動をピックアップしてご紹介します。

職種/配属先 主な活動
生活安全警察 ・少年犯罪などの調査 ・他府県警察との連携 ・統計処理などの事務業務
地域警察 ・巡回連絡 ・交通指導取締り ・初動捜査
刑事警察 ・聞き込み捜査 ・取調べ ・書類作成など
交通警察 ・交通指導取締り ・マラソン警備 ・交通安全啓発活動
警備警察 ・自然災害や大規模事故発生時の救助活動 ・テロやゲリラの未然防止、捜査 ・警衛や警護
総務・警務警察 ・警察官採用募集活動 ・警察安全相談受理 ・被害者支援活動

警察官ならライフワークバランスを実現できる

今回は、警察官の仕事内容について解説しました。警察官の働く現場は多岐に渡り、第一線で活躍するためのさまざまな支援制度も整っています。女性が出産育児を経て、支援を受けながらキャリアアップを目指せる点も魅力です。

警察官採用試験を受けるにあたって重要になるのが「面接試験」です。近年、人物重視の自治体が増えてきているため、面接試験が合否を分けると言っても過言ではないのです。以下の記事では、警察官ならではの質問を14個厳選して、回答のポイントを解説しています。この記事1つで面接試験の対策が8割完了します。


/* イメージマップ(クリッカブルマップ)用コード */