消防士になりたい!職員採用案内をみて試験準備を始めよう

消防士は、地域に貢献できる仕事です。採用情報を探すと消防職員や消防吏員(りいん)という言葉が出てきます。制服を着用し現場活動するのが、消防吏員です。消防吏員を含む消防に携わる職員の総称が、消防職員となります。

今回は消防士を目指す人が、採用情報を読むときに参考になる情報として、採用までの流れや試験の内容をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

消防士として採用されるには

消防士の採用案内を探す上で、次のような情報を知っているとスムーズにインターネットで検索できます。

消防士を目指す人は、消防士として働きたい消防本部や消防庁サイト、市役所サイトなどで情報を収集します。小さな市町村は、力を合わせて広域消防組合を発足させていることが多いため、検索するときの参考にしてください。なお「消防本部と消防庁」、「消防士と消防官」は同じ意味です。

市町村には、消防本部のほかに消防団も置かれています。消防職員である消防士は常勤の地方公務員ですが、消防団員は非常勤特別職の地方公務員という立場です。消防団員は通常、ほかの仕事に従事しています。

ここでは、消防士として採用される流れをみていきましょう。

消防士採用試験の合格が必須

消防士として採用されるにあたって、ある程度の学力や体力をみるための採用試験に合格する必要があります。そこで地方公務員になるために、早めに採用試験の対策を始めましょう。

採用案内ページでは、消防吏員採用試験、消防官採用試験や消防職員採用試験と記されていることが多いようです。申込受付期間は2週間程度と短いので見逃さないよう注意してください。

試験合格・採用後は消防学校に入学

晴れて消防士として採用されると、消防学校に入校し初任教育を受けます。これは現場活動に従事する知識や技術を身につけるためのものです。そして使命感はもちろん任務を遂行する上で重要な規律を体得します。

すぐに消防士として現場で活動するのではなく、消防学校学生として、1年間みっちりと寮生活をしながら学ぶことを知っておきましょう。

消防士を目指している方は、当ブログの「消防士になるには?知っておきたい受験資格・試験内容をまとめ」という記事に詳しく載っていますので、そちらも参照してください。


消防士採用試験の内容とは

ここでは消防士採用試験の内容・区分・受験資格について解説します。特に受験資格を決める年齢・身体要件は、受験年度や地方自治体ごとに規定が異なるので、必ず当該年の採用試験案内をしっかりチェックするようにしましょう。

試験内容

消防士採用試験は、基本的に第1次試験と第2次試験に分かれています。第1次試験は一般教養・作文などの筆記試験や適性検査、第2次試験は面接や身体・体力検査を受けるイメージです。

ただし体力検査が第1次試験に組み込まれていたり、身体・体力検査を受けた後に面接を受けたりする流れになることもあります。

試験区分

年齢や学歴あるいは学力に応じて、試験区分が分かれています。

たとえば東京都の場合、採用試験でだされる一般教養のレベルに応じた区分です。I類は大学卒業程度、II類は短大卒業程度、III類は高校卒業程度となります。

大阪市の場合、短大卒業程度という試験区分はありません。大卒程度の消防吏員A、それ以外の消防吏員Bという具合です。

受験条件(年齢・身体)

消防士は地方公務員という性質上、地域によって受験資格を得られる年齢・身体要件について規定が異なることがあります。受験年度によって条件が変わることもあるので注意が必要です。

たとえば次のような開きがあります。
(大阪市)大卒程度の消防吏員Aは22〜27歳、高卒程度の消防吏員Bは18歳〜21歳
(東京都)I類は21〜29歳、II類は19〜29歳、III類は17〜21歳(I類に大卒程度の修了資格は必須ではなく、II類・III類には学歴の要件は設けられていません)

消防士という仕事上、大前提として「健康で消防業務に耐える体力」は必要です。受験資格を得るための身長や体重などの身体要件を、必ずしも設けていない地方自治体もあります。その場合、採用試験でその体力・身体検査を受けた結果、ある基準を満たさないと不合格となります。

ただし過去には、ほとんどの地方自治体が受験資格の身体要件を設けていたため、現在でも残している場合があるかもしれません。消防士として働きたいと志望している、地方自治体の受験資格をよく確認するようにしてください。

消防士採用試験の受験資格を確認しよう

地域の安全を守る消防士として活躍するためには、採用試験に合格し消防学校で訓練を受ける必要があります。簡単な道のりではありませんが、充実感の高い仕事といえるでしょう。

なお昨年度の消防士採用試験と、今年度の消防士採用試験の受験資格が異なることがあります。チャンスを見逃さないためにも、採用案内ページをこまめにチェックしてみてください。

消防士採用試験に関しては、当ブログの「消防士採用試験の内容とは?受験の流れ・傾向・対策まで徹底解説」という記事に詳しく載っていますので、そちらも参照してください。