福岡市消防職員採用試験 受験情報まとめ

福岡市消防職員採用試験 基本情報

福岡市は約160万人の市民が暮らす地域です。福岡市消防局には、1,000人以上の消防職員が勤務し、地域や市民の安心安全に貢献する役割を担っています。福岡市消防局の組織は、総務課、職員課、管理課のある総務部、教育課のある消防学校、警防課、消防団課、救急課、消防航空隊のある警防部、情報管理課と災害救急指令センターからなる情報指令部、予防課、指導課、査察課、防災センターのある予防部となっています。そして、東消防署、博多消防署、中央消防署、南消防署、城南消防署、早良消防署、西消防署の7つの消防署があります。防災センターは早良消防署のとなりにあり、火災や地震についての学習や体験をすることができます。消防活動に欠かせない消防機動力も充実しており、水槽付消防ポンプ自動車、はしご付消防ポンプ自動車、高規格救急自動車、消防ヘリコプター等を保有しています。女性消防職員の活躍も推進しており、現在もさまざまな職種で活躍しています。各種休暇や、母体保護のための職務免除、深夜勤務の制限など、仕事と家庭生活の両立を実現するための支援も多く用意されており、出産・育児を経て働き続けている女性消防職員が多いことも特徴的です。

福岡市消防職員採用試験 募集要項

令和4年度

募集人数 消防吏員A 22人、消防吏員B 22人

消防吏員A

試験方法・配点

第一次試験

教養試験(配点100)

 

第二次試験

論文(配点40)、口頭試問(配点200)、体力試験、身体検査

日程

第一次試験:令和3年6月20日(日)

第二次試験:

体力試験 令和3年7月2日(金)(予備日7月10日(土))

身体検査、口頭試問等 令和3年7月下旬~9月上旬


消防吏員B

試験方法・配点

第一次試験

教養試験(配点100)

 

第二次試験

口頭試問(配点200)、体力試験、身体検査

日程

第一次試験:令和3年9月26日(日)

第二次試験:

体力試験 令和3年10月19日(火)(予備日10月23日(土))

身体検査、口頭試問 令和3年11月上旬~11月下旬

福岡市消防職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

福岡市消防職員の採用試験は過去3年間の平均倍率が9.4倍と政令指定都市の中では3番目の高倍率となります。そのため十分な計画をたてて試験対策をとる必要があります。福岡市消防職員採用試験は1次試験で教養試験、2次試験では面接試験を行うことになります。この中でも特に教養試験は科目数が多く、それぞれ100点ずつとなるため出題傾向を把握して集中して勉強を行うことが重要になります。
教養試験対策としては、一般知能科目として数的処理と文章理解(現代文・英文)が25問、一般知識科目は中学から高校までに勉強してきた社会や理科などの科目で構成されており、出題科目や範囲が膨大です。さらに、最近は一般時事の出題が増えている傾向にあります。そこで勉強方法としては自治体別問題集を参考にして、福岡市で重要な分野の出題パターンを重点的に勉強するようにすると短い時間でも点数に直結します。
小論文対策は客観的な事実をもとに自分の考えや根拠を文章にまとめる力が必要なので、テーマの把握と文章を書く、見直しで75分の試験時間を想定して繰り返し練習を行いましょう。面接対策は個人面接となるので、質問に対してコミュニケーションがとれるかを1次試験で確認し、2次試験では複数の面接官が1つの質問を深堀りして受験者の行動特性を評価するため、過去の質問内容を確認して模擬面接を行いましょう。


福岡市消防職員採用試験対策問題集

福岡市消防職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。福岡市消防職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に福岡市消防職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。福岡市消防職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、福岡市消防職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。