大隅肝属地区消防組合消防職員採用試験 受験情報まとめ

大隅肝属地区消防組合消防職員採用 基本情報

大隅肝属地区消防組合は、鹿児島県の大隅半島中央部の東経130度52分、北緯31度23分に消防本部があり、東西46㎞、南北70㎞と南北に細長い管轄エリアの面積は1,160.79k㎡もあります。鹿屋市、東串良町、肝付町、錦江町、南大隅町の1市4町で構成されており、約14万人の人口をかかえる広大な地域を管轄しています。管内は東に太平洋、西に鹿児島湾という場所に位置し、雄大な高隈山系と国見山系に囲まれ、豊富な漁場と森林資源に恵まれた環境が特徴です。近代科学の粋を結集したJAXA内之浦宇宙空間観測所や、亜熱帯植物の繁茂する本土最南端の佐多岬には、展望台を含む観光施設が本格開業し、多くの観光客が訪れる地域です。大隅肝属地区消防組合の組織構成は指令課、総務課、予防課、警防課を有する消防本部を中心に、鹿屋市内に中央消防署、東部消防署、錦江町に南部消防署があり、ほかに輝北分署、内之浦分署、佐多分署と3つの分署があります。平成30年度に組合初となる女性消防職員が2名採用され、令和3年度までに5名の女性職員が誕生しています。女性職員の増加に対応できるよう設備面も配慮されており、女性の活躍を後押しする体制や環境が整っているのも特徴のひとつです。

大隅肝属地区消防組合消防職員採用試験 募集要項

令和4年度

募集人数 消防職員3人程度

試験方法

第一次試験

教養試験、適性検査、作文試験、体力試験

第二次試験

面接試験

試験の配点

日程

第一次試験:令和3年9月19日(日)

第二次試験:令和3年11月初旬

大隅肝属地区消防組合消防職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

大隅肝属地区では、毎年10名の消防組合職員を募集されています。約200名が毎年試験を受けていますが、ここではこの教養試験対策についてワンポイントアドバイスをおこなっていきましょう。受験条件は高卒以上となっているため、一般教養問題は高校に範囲となります。基礎問題で構成をなされているため、特別な勉強をする必要はありません。なお全300点中200点が小論文と面接で構成をなされています。小論文対策では、現在の国内情勢が中心となるので日頃からしっかりと新聞などに目を通しておかないといけません。特に自身の言葉で意見を述べる記述が多いので、何度も練習をする必要があるでしょう。面接対策にいたっては完全な個別となるので、ここでも自分の言葉で話を進めることになります。2020年度の試験では、学生時代の思い出を問う問題が出されました。ひとりあたり約15分と時間が短いので、要点をまとめた対策をしないといけないわけです。小論文対策で役立つのは、各新聞社の社説に目を通すことになります。世間一般的なコメントではなく、あくまでも自分の意見であることを強調することで、試験官の印象をよくできるものといえます。


大隅肝属地区消防組合消防職員採用試験対策問題集

大隅肝属地区消防組合消防職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。大隅肝属地区消防組合消防職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に大隅肝属地区消防組合消防職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。大隅肝属地区消防組合消防職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、大隅肝属地区消防組合消防職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。