鳥取県東部広域行政管理組合職員採用試験 受験情報まとめ

鳥取県東部広域行政管理組合職員採用 基本情報

鳥取県東部広域行政管理組合は、鳥取県東部圏域の鳥取市、岩美町、智頭町、若桜町、八頭町の1市4町により組織された広域行政機構で、経済的、事務的効率の観点から各市町が単独で行うより広域的に処理することが適当と思われる事務を行っています。消防局の組織は、消防総務課、警防課、情報指令課、予防課の4つの課と、鳥取消防署、湖山消防署、岩美消防署、八頭消防署、気高消防署の5つの消防署、そして吉方出張所、東町出張所、国府分遣所、智頭出張所、若桜出張所、用瀬出張所、青谷出張所の7つの出張所・分遣所となっており、310人ほどの消防職員が働いています。女性の活躍を推進する取り組みにも力をいれており、女性が職業生活において希望に応じて能力を発揮し活躍できる環境を整備するため、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律が平成27年9月に制定されたことに基づき、平成28年に「鳥取県東部広域行政管理組合女性職員の活躍推進に関する特定事業主行動計画」を策定しています。男女に関係なく、仕事と家庭生活の両立を図りながら、それぞれの能力を最大限に発揮できる働きやすい職場環境が整備されています。

鳥取県東部広域行政管理組合職員採用試験 募集要項

令和4年度

募集人数 一般枠3人程度、高校新卒枠1人程度

一般枠・高校新卒枠

試験方法

第一次試験

教養試験、適性検査、体力試験

 

第2次試験

作文試験、人物試験、健康診断

試験の配点

日程

第1次試験:令和3年9月19日(日)

第2次試験:令和3年10月下旬頃

鳥取県東部広域行政管理組合職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

鳥取県の東部後期行政管理組合の試験では、おもに難易度の高い一般教養試験が出題されます。ここで簡単に、教養試験対策におけるワンポイントアドバイスを行っていきましょう。2020年度は520名が受験し、そのうちの計20名が組合員として採用をされました。一般教養では高校の3年間の教育要項から問題が出題されます。また、特に高得点となるのが小論文です。小論文対策では時事問題が多く、政治・経済をしっかりと把握をしておくことが大切となります。90分間の試験時間のなかで、どれだけ自分自身が伝えたい言葉を的確にまとめられるのかが合否を左右します。また、面接対策もとても重要です。面接は4名の受験者と合同で行われ、1人あたり5分間の自己PRタイムがあります。学生時代に励んだスポーツやサークル、またはボランティアなどを積極的に話せるように練習しておきましょう。小論文対策の場合は何度も練習をすること、面接対策では多くの人と会話をすることで上達します。社会人として重要なポイントを考慮される傾向にあるので、基礎的な知識を重んじて学んでいくことが合格への近道となります。


鳥取県東部広域行政管理組合職員採用試験対策問題集

鳥取県東部広域行政管理組合職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。鳥取県東部広域行政管理組合職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に鳥取県東部広域行政管理組合職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。鳥取県東部広域行政管理組合職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、鳥取県東部広域行政管理組合職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。