和歌山県警察官採用試験 受験情報まとめ

和歌山県警察官採用試験 基本情報

和歌山県警は「県民の期待と信頼に応える強さと優しさを兼ね備えた警察~安全で安心な和歌山の確立~」を運営指針としています。

今年度は、「犯罪抑止総合対策の推進」「悪質・重要犯罪の徹底検挙」「交通事故抑止総合対策の推進」「子ども・女性・高齢者を守る取組の推進および少年非行の防止」「サイバー空間の脅威に対する総合対策の推進」「暴力団の壊滅および薬物・銃器犯罪の徹底検挙」「テロ・大震災等緊急事態対策の推進」「国民文化祭等開催に伴う大規模警衛警備の完遂」に重点を置き活動しています。

令和3年4月1日現在の和歌山県警察官の人数は約2,100人です。

和歌山県警察の本部組織は主に5つの部署に分かれています。

それぞれ警務部・生活安全部・刑事部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、警察学校と県内14警察署が存在しています。

警察官採用試験に合格したあとは、全寮制の警察学校に入校します。

警察学校は、危険や困難にも屈せず立ち向かう強い精神力と執行力を備え、かつ、誇りと使命感にあふれた、人間味豊かな警察官を育成するところです。

初任科教養を修了すれば、警察署の地域課(主として交番)に配置され、3カ月間の職場実習を行います。そして初任補修科生として入校してこの課程を修了すれば警察署での実戦実習を経て採用時教養期間を終了します。

終了後は各人の希望と適性に応じて刑事、交通、生活安全などさまざまな部門に進路が開けます。

和歌山県警察官採用試験 募集要項

令和3年度 第1回採用試験

募集人数(警察官A)

第1次試験

試験方法

日程

令和3年5月9日(日)

第2次試験

試験方法

日程

令和3年6月8日(火)~10日(木)のうち指定した1日間

第3次試験

試験方法

日程

試験の配点

第1次試験

第2次試験

第3次試験

令和3年度 第2回採用試験

募集人数(警察官A)

男性2名程度、女性2名程度

第1次試験

試験方法

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

日程

第3次試験

試験方法

日程

試験の配点

第1次試験

第2次試験

第3次試験

募集人数(警察官B)

男性20名程度 女性5名程度

第1次試験

試験方法

日程

令和3年9月19日(日)


第2次試験

試験方法

日程

第3次試験

試験方法

日程

試験の配点

第1次試験

第2次試験

第3次試験

和歌山県警察官採用試験対策ワンポイントアドバイス

和歌山県警察官採用試験に合格したいのであれば、面接と論作文対策に力を入れることをおすすめします。教養試験や体力測定は、それぞれ一般常識や体力を知るために行うものですが、面接と論作文は人柄をチェックすることが主な目的です。

和歌山県警察でも採用する人材の人柄はとても大事だと考えられており、教養試験や体力測定の結果が良くても、人柄に問題があれば採用される可能性が低くなってしまいます。たとえ、弱い人の力になったり誰に対しても優しくすることができたりする人であったとしても、面接や論作文で伝えることができなければ合格は難しいかもしれません。

まずは出題傾向を分析し、答え方を学んでおくことが大切だと言えます。事前に傾向を知っておけば、自分の気持ちを伝えるための効果的な答え方やまとめ方を身につけられるようになるはずです。家族や友人などの身近な人に協力してもらいながら、和歌山県警察で求められる人材に合っている答え方であるかどうかチェックしてもらい、自分の人柄をしっかりと伝えられるようにしておくことが合格への近道だと言えます。和歌山県警察官採用試験に受かるためには、こういったポイントを意識しながら対策することがおすすめです。


和歌山県警察官採用試験対策問題集

和歌山県警察官採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。和歌山県警察官採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に和歌山県警察官採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。和歌山県警察官採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、和歌山県警採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、警察官としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。