熊谷市職員採用試験 受験情報まとめ

熊谷市職員採用試験 基本情報

埼玉県熊谷市は東京都心から50~70キロメートル圏に位置し、ほぼ平坦で荒川や利根川の水に恵まれた肥沃な大地と豊かな自然環境を有しています。平成27年の国勢調査による人口は198,639人と埼玉県で9番目、県北では最大の人口を有しています。しかし、自然動態がマイナスに転じており、人口は減少傾向にあります。平成 26 年から平成 31 年にかけての年齢別の人口の変化率を見ると、大学進学や就職をきっかけとした 20 代から 30 代、とりわけ女性の転出が顕著で、これに対して 30 代から 40 代に見込まれるべきファミリー層の転入は増加していません。このため、20 代から 30 代の転出を抑制し、U ターンを含む転入を促進するとともに市内で就業できるような基盤づくりを推進する必要があるとされています。また、市内就業者の大勢を占めていた製造業や卸売業、小売業の就業者数の低下が示すように市内産業の空洞化が危惧されており、雇用を生み出す企業の誘致や創業に対する支援が求められています。これらを踏まえ、「①働く人が働き続け、暮らし続けられる雇用の創出」「②子育て世代等にとって暮らしやすく魅力的なまちづくりの展開」「③子育て世代等の結婚・出産・子育てに関する希望をかなえる」を目標に掲げています。

熊谷市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用予定 ※事務職のみ掲載

募集人数

一般事務30名程度、一般事務(スポーツ枠)若干名

試験方法

一般

第1次試験:教養試験120分、作文試験60分

第2次試験:集団討論、適性検査、第3次試験・最終試験:面接

スポーツ枠

第1次試験:教養試験75分、作文試験60分

第2次試験:適性検査、面接、最終試験:面接

日程

第1次試験:9月19日

第2次試験:適性検査10月14日or15日、面接11月3日~7日のいずれか1日

最終試験:11月25日

試験の配点

熊谷市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

熊谷市職員採用試験を受ける場合には、申し込みを行った後に3次試験までが実施され、最終合格者が発表されることになります。最終合格まで様々な試験を通し、熊谷市は市民の目線に立って考えられる市民感覚を有しているか、チャレンジ精神があるか、優しさに満ち溢れたハートフルな心を持っているかどうかを見極めています。最終合格までは2度の面接試験があり、ここでは人柄ややる気などを十分にチェックされることになるでしょう。筆記試験対策や小論文対策も行う必要がありますが、やはり一番重要度の高いものが面接対策です。一番は過去にどのような質問をされたのかを把握しておくことが重要です。小論文試験に関しては多くの人が苦手意識を持っていますが、熊谷市はこの小論文試験を行うことで、自治体と同じビジョンを持っている人を採用したいという思いがあります。自治体のビジョンや自治体が現在抱えている問題などがテーマになり、そのテーマについて自分の考えが、熊谷市の思いと見ていればよいということになります。そして面接試験と同じぐらいのレベルで重視しているものが適性検査です。これはただのアンケートと思う人もいるかもしれませんが、簡単に考えてはなりません。公務員としてふさわしいか、積極性や情緒が安定しているかどうかなどを見極められることになるでしょう。


熊谷市職員採用試験対策問題集

熊谷市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。熊谷市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に熊谷市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。熊谷市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、熊谷市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。