水戸市消防職採用試験 受験情報まとめ

水戸市消防職採用試験 基本情報

水戸市消防局は、茨城県水戸市と東城郡城里町を管轄しています。管轄面積は、379.12平方キロメートル、消防職員定数は347名です。うち8名の女性消防吏員が勤務し、男性消防吏員同様に活躍しています。本部と2か所の署所に女性専用の施設が整備されており,女性消防吏員が安心して働ける環境の整備がすすめられています。水戸市消防局は、主に4つの課に分かれています。それぞれ、消防総務課、火災予防課、消防救助課、救急課となっており、これに加え2消防署9出張所が設置されています。消防職採用試験に合格したあとは、茨城県立消防学校で初任教育を受けることになります。茨城県立消防学校は、「消防職団員が業務を的確に遂行し、県民の期待に十分に応えることができるよう、消防職団員に高度で専門的な知識と技術を修得させるとともに、使命感および士気の高揚、規律の保持、協調精神の育成ならびに体力維持を図ること」を基本方針として、実践的な教育訓練を行うことを目的に設置された教育訓練施設です。初任教育では、約6カ月間にわたり消防職員にふさわしい人格と職責を正しく認識する能力を習得するとともに、専門的な知識や技術の習得を図りながら、災害活動に能力を十分に発揮できる消防職員の育成を図ります。

水戸市消防職採用試験 募集要項

令和3年度

募集人数(大学卒程度)

若干名

第1次試験

試験方法

基礎能力試験 性格適性検査

日程

令和3年9月6日(月)~21日(火)まで

第2次試験

試験方法

体力試験 面接試験 消防適性検査

日程

令和3年10月17日(日)

最終試験

試験方法

面接試験 身体検査

日程

令和3年11月13日(土)または14日(日)

試験の配点

第1次試験

基礎能力試験【偏差値】

第2次試験

体力試験100点 面接試験100点 消防適性検査100点

最終試験

面接試験200点

募集人数(高校卒程度)

3名程度

第1次試験

試験方法

基礎能力試験 性格適性検査

日程

令和3年9月6日(月)~21日(火)まで

第2次試験

試験方法

体力試験 面接試験 消防適性検査

日程

令和3年10月17日(日)

最終試験

試験方法

面接試験 身体検査

日程

令和3年11月13日(土)または14日(日)

試験の配点

第1次試験

基礎能力試験【偏差値】

第2次試験

体力試験100点 面接試験100点 消防適性検査100点

最終試験

面接試験200点

水戸市消防職採用試験対策ワンポイントアドバイス

水戸市消防職採用試験の対策は、モチベーションと教養試験対策、面接対策が重要になってきます。
試験勉強はモチベーションが重要ですから、何故水戸市消防職の採用試験に挑戦するのか、そこを明確にしてから臨むことが大事です。また、試験勉強中にモチベーションの低下を防ぐ意味でも、度々採用試験に臨む意味、目的を思い出して自分を高めることが大事です。

一方の教養試験対策は、一般知識をしっかりと頭に入れたり身につけて、試験本番でスムーズに答えを出せるようにしておくことにあります。教養試験の内容は多岐にわたりますから、自治体別問題集を利用して幅広く身につけることをおすすめします。
ただ、闇雲に覚えようとしてもそれは詰め込みに過ぎないので、出題傾向や分野を理解して勉強することが大切です。

面接対策は態度や言葉による伝え方、聞いて対応する能力が問われる試験の対策となります。態度は服装や髪型を含むもので、どう見られるかを意識することが重要です。公務員はイメージが肝心ですから、一般常識を外れるような服装は避けましょう。それと、一方的にまくしたてるように話したり、大きすぎる声で話すのも良くないでしょう。
TPOを弁えつつ、適切な言葉選びも含めて話をできるように練習しましょう。


水戸市消防職採用試験対策問題集

水戸市消防職採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。水戸市消防職採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に水戸市消防職採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。水戸市消防職採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、水戸市消防職採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。