高松市消防職採用試験 受験情報まとめ

高松市消防職採用試験 基本情報

高松市消防局は、香川県高松市、綾歌群綾川町、木田郡三木町を管轄しており、管轄面積は561.16平方キロメートル、消防職員は476名です。高松市消防局は、主に4つの課に分かれています。それぞれ、総務課、予防課、消防防災課、情報指令課となっており、これに加え5消防署、4分署、5出張所が設置されています。高松市消防採用試験に合格したあとは、消防の基礎を学ぶために、香川県消防学校で全寮制のもと、6カ月間の初任教育を受けることになります。消防学校とは消防職員、消防団員に対して消防の責務を正しく認識させ、その責務遂行に必要な知識、技術の習得を図るとともに、体力、気力の練成と豊かな人間性を培い、地域住民の信頼に応えられる消防人を育成するための教育訓練施設です。初任教育は、総時間数815時間に設定し、新たに採用された消防職員を対象に、消防の責務を認識させるとともに基礎的な教育訓練を実施し、消防職員として必要な知識、技能の習得と体力の練成を行い、職場での業務に広く対応できる職員を養成するために実施しています。授業は座学と実習があり、座学では公務員に必要な法律知識や火災のメカニズムについて学び、実習では心肺蘇生や消火訓練・消火機器の取扱訓練などを行っています。

高松市消防職採用試験 募集要項

令和3年度

募集人数(大学卒程度)

5名程度

第1次試験

試験方法

教養試験 適性検査

日程

令和3年6月19日(土)

第2次試験

試験方法

口述試験(集団面接等) 体力測定

日程

令和3年7月中旬

第3次試験

試験方法

口述試験(個別面接) 身体検査書提出

日程

第2次試験合格者に別途通知

試験の配点

第1次試験

教養試験70点 適性検査30点

第2次試験

第3次試験

募集人数(高校・短大卒程度)

5名程度

第1次試験

試験方法

教養試験 適性検査

日程

令和3年9月25日(土)

第2次試験

試験方法

口述試験(集団面接等) 体力測定

日程

令和3年10月下旬

第3次試験

試験方法

口述試験(個別面接) 身体検査書提出

日程

第2次試験合格者に別途通知

試験の配点

第1次試験

教養試験70点 適性検査30点

第2次試験

第3次試験

高松市消防職採用試験対策ワンポイントアドバイス

高松市消防職採用試験を受験しようと考えているのであれば、事前にその対策を行うことが求められます。とはいえ何からやれば良いのかわからない、スタートは早い方が良いのですが、試験までの期限期間が長すぎてモチベーションが上がらないなどのような問題に陥る可能性も考えられます。このような場合には、やはりスケジュール管理が求められるでしょう。高松市消防職採用試験においては、試験内容が多種多様であり、それぞれの対策の進み具合を管理するのが非常に大変です。まずは合格までの道筋を明確にし、スケジュール管理は根拠を明確にすることが求められます。教養試験対策ももちろん重要ですが、その中でもやはり重要なものとなるものが面接対策と言えるでしょう。高松市消防職採用試験では、市民の目線に立ち高松市のために尽力できる、公務員としての責任感や倫理観がある、失敗を恐れず積極果敢にチャレンジ出来る人を求めています。主に面接での発言や不具合などを見てこれらに当てはまるかどうかがチェックされることになるでしょう。高松市の考えをしっかりと把握した上で、それに合わせて自分の思いをしっかりと発言できるように考えておくことが大切です。


高松市消防職採用試験対策問題集

高松市消防職採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。高松市消防職採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に高松市消防職採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。高松市消防職採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、高松市消防職採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。