広島県警察官採用試験 受験情報まとめ

広島県警察官採用試験 基本情報

広島県警は「安全・安心を金民とともに築く力強い警察」を基本方針としています。

今年度は、「総合的な犯罪抑止対策の推進と検挙力の強化」「子ども・女性を守る取組と少年非行防止対策の推進」「住民の安心感を高める地域警察活動の推進」「組織犯罪対策の推進」「交通死亡事故の抑止と安全で円滑な交通の確保」「災害、テロ等緊急事態対策の推進」「サイバー空間の安全の確保」「社会の変化に適応する警察運営の推進」に重点を置き活動しています。

令和3年4月1日現在の広島県警察官の人数は約5,200人です。

広島県警察の本部組織は主に7つの部署に分かれています。

それぞれ総務部・警務部・生活安全部・地域部・刑事部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、広島市警察部、警察学校と県内26警察署が存在しています。

警察官採用試験に合格したあとは、警察学校に入校します。

学校での初任教養を修了すると各警察署に配属され,専任指導員によるマンツーマンの職場実習が行われ、実際の勤務を通じての指導教養が行われます。

さらに,職場実習での体験から,基本的な業務の修得を徹底する補修教養が行われるほか,より実戦的な実習を通して早期に一人前の警察官を育成します。

「責任・誇り・自覚」を兼ね備えた真の警察官を育成するため,厳しい教養・訓練が行われます。ここでの訓練により,情熱と正義感がさらに強固なものとなるのです。

広島県警察官採用試験 募集要項

令和3年度 第1回採用試験

募集人数(警察官A)

男性60名程度 女性13名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(大学卒業程度) 論文試験(2次試験で評価)

資格加点

日程

令和3年5月9日(日)

第2次試験

試験方法

外形的身体検査 体力試験 適性検査

日程

令和3年5月29日(土)~30日(日)のうち指定日

第3次試験

試験方法

面接試験 身体検査

日程

令和3年7月7日(水)~13日(火)のうち指定日

試験の配点

第1次試験

教養試験70点 資格加点15点

第2次試験

論文試験30点 体力試験40点

第3次試験

面接試験80点

集人数(警察官B)

男性16名程度 女性5名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(高校卒業程度) 作文試験(2次試験で評価) 

資格加点

日程

令和3年5月9日(日)

第2次試験

試験方法

外形的身体検査 体力試験 適性検査

日程

令和3年5月29日(土)~30日(日)のうち指定日

第3次試験

試験方法

面接試験 身体検査

日程

令和3年7月7日(水)~13日(火)

試験の配点

第1次試験

教養試験70点 資格加点15点

第2次試験

作文試験30点 体力試験40点

第3次試験

面接試験80点

令和3年度 第2回採用試験

募集人数(警察官A)

男性19名程度 女性6名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(大学卒業程度) 論文試験(2次試験で評価)

資格加点

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

外形的身体検査 体力試験 適性検査

日程

令和3年10月9日(土)~10日(日)のうち指定日

第3次試験

試験方法

面接試験 身体検査

日程

令和3年11月10日(水)~16日(火)のうち指定日

試験の配点

第1次試験

教養試験70点 資格加点15点

第2次試験

論文試験30点 体力試験40点

第3次試験

面接試験80点

集人数(警察官B)

男性26名程度 女性10名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(高校卒業程度) 作文試験(2次試験で評価) 

資格加点

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

外形的身体検査 体力試験 適性検査

日程

令和3年10月9日(土)~10日(日)のうち指定日

第3次試験

試験方法

面接試験 身体検査

日程

令和3年10月9日(土)~10日(日)のうち指定日

試験の配点

第1次試験

教養試験70点 資格加点15点

第2次試験

作文試験30点 体力試験40点

第3次試験

面接試験80点

広島県警察官採用試験対策ワンポイントアドバイス

広島県警察官採用試験は、1次試験から3次試験までがあり他の警察官試験と比べると試験そのものの回数が多めです。ただ、必ずしも試験の回数が多いから難易度が高いというわけではありませんので、対策をしっかり行えば合格の可能性は高まります。

広島県警では、警察官として働きたいといった意欲があり、人のために役立ちたいと願う人、そして誠実で思いやりのある人を採用したい人物像にしています。個別面接のときには、このような人物像であるのか否かを見極める形になりますので受け答えがしっかりできるよう対策しておきましょう。

広島県警察官採用試験は、1次試験が教養試験と論作文、2次試験が適性検査や体力検査および身体検査、そして3次試験が個別面談です。最期に個別面談が行われますが、他の自治体の警察官採用試験でも2次試験で行われますので同じです。

論作文で与えられるテーマは、広島県のビジョンや抱えている問題などが多く、与えられたテーマについて論作文を書き、その考えとなるものが広島県の警察の考えと一致している、もしくは類似していることが判定基準になります。そのため、論文試験の対策ではワークを使い、自分の考えを整理しておいて文章にまとめるためのスキルアップを図りましょう。


 

広島県警察官採用試験対策問題集

広島県警察官採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。広島県警察官採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に広島県警察官採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、広島県警採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、警察官としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。広島県警察官採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。