三重県警察官採用試験 受験情報まとめ

三重県警察官採用試験 基本情報

三重県警は「県民とともに築く安全で安心な三重の実現~強く・正しく・温かく~」を基本方針としています。

今年度は、「子ども、女性を守る取組と犯罪抑止対策の推進」「検挙の徹底に向けた的確な犯罪捜査の推進」「交通死亡事故等抑止対策の推進」「テロの未然防止に向けた対策と大規模災害等緊急事態に備えた対策の推進」「サイバー空間の脅威に対処するための取組の推進」「犯罪被害者等支援の推進」に重点を置き活動しています。

令和3年4月1日現在の三重県警察官の人数は約3,000人です。

三重県警察の本部組織は主に6つの部署に分かれています。

それぞれ警務部・生活安全部・地域部・刑事部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、警察学校と県内18警察署が存在しています。

警察官採用試験に合格したあとは、警察学校に入校します。

警察官になるという夢を実現するための場所です。

警察官として、職務執行に必要な法学、警察実務等から、柔道・剣道・逮捕術、拳銃等の術科訓練まで、同期の仲間と切磋 琢磨しながら、「強く、正しく、温かく」の警察官へと自己成長を遂げていきます。

採用区分によって入校次期が異なります。

警察官A(大学を卒業した人)は6カ月間、警察官B(警察官A以外の人)は10カ月間、同じ目的を持った仲間とともに、警察官として必要な基礎知識・技能を習得します。

三重県警察官採用試験 募集要項

令和3年度 第1回採用試験

募集人数(警察官A)

男性(三重県35名程度、大阪府5名程度)

女性11名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(大学卒業程度) 論文試験(2次試験で採点) 

適性試験 資格加点

日程

令和3年5月9日(日)

第2次試験

試験方法

人物試験 身体検査

日程

令和3年6月15日(火)~30日(水)のうち指定日

試験の配点

第1次試験

教養試験100点 資格加点5点

第2次試験

論文試験20点 人物試験200点

令和3年度 第2回採用試験

募集人数(警察官A)

男性7名程度、女性3名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(大学卒業程度) 論文試験(2次試験で採点)

適性検査 資格加点

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

人物試験 身体検査

日程

令和3年11月9日(火)~20日(土)のうち指定日

試験の配点

第1次試験

教養試験100点 資格加点5点

第2次試験

論文試験20点 人物試験200点

募集人数(警察官B)

男性23名程度 女性10名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(高校卒業程度) 作文試験(2次試験で採点)

適性試験 資格加点

日程

令和3年9月19日(日)


第2次試験

試験方法

人物試験 身体検査

日程

令和3年11月9日(火)~20日(土)のうち指定日

試験の配点

第1次試験

教養試験100点 資格加点5点

第2次試験

作文試験20点 人物試験200点

三重県警察官採用試験対策ワンポイントアドバイス

三重県警察官採用試験対策としては、まず一般教養の対策が必要になります。一般教養に関しては、数学や英語そして国語などの学校で学習した主要科目だけでなく、政治や経済そして化学等も学んでおく必要があります。これだけ広い範囲を学んでいくと苦手分野が出てくるかもしれませんが、苦手な部分は後にしてまず得意なところから取り組むのがよいかもしれません。限られた時間の中で勉強するならば、苦手を後回しにしたほうが効率的でしょう。

試験内容には、人物試験があるのも特徴です。人物試験とは、その人の人物を見ることです。面接にも似ている部分がありますが、普段から正しい言葉遣いや考え方ができているかを評価されることになるでしょう。そのため、たくさんの知識を得るだけでなく自分の意見を言えること、そして敬語を正しく使えるようにする必要があります。

また忘れがちなのは、相手の目を見て話すことです。多くの人はこれができませんが、目を見るのが苦手ならば相手の口元を見て話すのが良いでしょう。仮に目と目がハッキリと合っていなくても評価が悪くなる可能性は低いです。

資格加点としては、例えば自動車やオートバイの免許を持っているだけで加点される可能性が高いです。英会話等の知識があり、ある程度の得点が取れていても合格に近づきます。


三重県警察官採用試験対策問題集

三重県警察官採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。三重県警察官採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に三重県警察官採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。三重県警察官採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、三重県警採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、警察官としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。